タミフルを正しく理解する画像 タミフルの画像

タミフルはインフルエンザに非常に効果がある薬です。世界中で使われているタミフルですが、海外でも若干異常行動は見られるものの件数は非常に少なく、あまり問題視されていません。イメージに流されず正しい情報を得て理解しましょう。

タミフル服用は重症化になりやすい!違和感を覚えたら

11月から12月程度に発症が確認され、1月から2月にかけて流行がピークになる急性感染症のインフルエンザがあります。主に咳やくしゃみなどの飛沫感染によって感染することが主に多いとされ、症状として、突然の38度以上の高熱や頭痛、全身のけだるさ、食欲不振などが全身症状が現れ、約遅れて約一週間が経過すると咳や鼻水、のどの痛みなどの呼吸器症状が挙げられます。インフルエンザは肺炎や脳炎なども同時に発症し、重症化する危険性もあります。そんなインフルエンザの薬として医師や薬剤師から提案されるのがタミフルです。タミフルとは2001年から処方・販売されたインフルエンザの薬で、インフルエンザの予防薬としてだったり、感染した場合にはウイルスの増殖を抑える効果があります。タミフルは約3500万人に使用されていますが、この薬を使用したことによって、転落死などの異常行動が発生したケースがあります。しかし、これら異常行動は発生件数が少ないなど理由から、タミフルの副作用で発生したといった結論はいまだ証明されていませんので、過剰な心配をする必要性はないでしょう。
しかし、このような異常行動が副作用として結論づけられていなくても不安になる人はいるでしょう。特に、お腹に命を宿しているインフルエンザに感染した妊婦の方の場合、お腹の中の赤ちゃんが重篤になりやすいのではないかなどの不安は特に強いでしょう。ですが、発症後48時間以内にタミフルを服用することで重症化することを防止できるという専門機関の発表があるので、症状が確認されたら、医師・薬剤師から処方されたタミフル等のお薬をできる限り早く飲むようにしたほうがいいでしょう。
もしもタミフルの服用によって身体により一層の違和感を覚えた場合は、ただちに病院へ受診してください。