タミフルを正しく理解する画像 タミフルの画像

タミフルはインフルエンザに非常に効果がある薬です。世界中で使われているタミフルですが、海外でも若干異常行動は見られるものの件数は非常に少なく、あまり問題視されていません。イメージに流されず正しい情報を得て理解しましょう。

2016年07月の記事一覧

タミフルで治らないときには感染経路に直接届く吸入薬

インフルエンザは飛沫感染を主な感染経路とするウイルス感染症であり、季節が訪れると多くの人が感染して苦しむことになっています。インフルエンザに対する有効で安全な治療薬は長らく存在していませんでしたが、ノイラミニダーゼ阻害薬が開発されたことによってその治療が可能になりました。その中でも経口薬として利用できるタミフルは人気が高く、多くの治療実績を上げてきているのが現状です。しかし、タミフルを飲んでもインフルエンザが治らないという経験をする場合もあります。その原因として最も大きいのは耐性ウイルスの出現であり、タミフルが広く利用されていることによってタミフルが効かないインフルエンザウイルスもしばしば見かけられるようになってきています。こういった場合には他のノイラミニダーゼ阻害薬を使用することによって治療が可能である場合が多く、タミフルが効かないと感じたら速やかに医師を再受診して別のインフルエンザ治療薬を処方してもらうのが得策です。その際に用いられることが多いのが吸入薬であり、当初は日本人にはあまり馴染み深いものではなかったことから流通していませんでした。しかし、感染経路になる肺に直接薬を到達させることができるというメリットがあるため効果がより期待できるのではないかと考えて好む人もいるのが現状となっています。タミフルを使っても治らないというときに限らず用いることができるインフルエンザ治療の選択肢として知っておくと良いでしょう。また、治らない原因が安静にしていないことで体力や抵抗力が不足している場合もあるため、インフルエンザにかかってしまった場合には安静にして回復に努めるようにするのが重要です。

続きを読む

タミフルと蕁麻疹とおたふくについて

インフルエンザの治療薬として、タミフルは日本でもとても知られている医薬品です。インフルエンザの症状が出始めたら、その症状を見逃してはいけません。なぜかといえば、48時間以内にタミフルの医薬品を服用するのことで、効果的だからです。逆を言うと、48時間経過したあとだと、効果は期待できないという、両極端なお薬でもあります。日頃からのインフルエンザ対策も必要ですので、風邪予防と同様に、できる対策をしましょう。

かゆみで悩まされる蕁麻疹には、大きく2つのパターンがります。アレルギー性のものもありますが、非アレルギー性のものもあります。

アレルギー性の場合ですと、その引き金となってくるのは、食品添加物や植物、動物や食べ物などに原因が考えられます。アレルギーの原因物質がそこにはあるために、人間の体内において異物の認識がされます。細胞より化学物質が放出され、ヒスタミンが皮膚の血管を拡張させます。血管の外に血液の水分を浸み出させますので、赤くなって皮膚は晴れてしまいます。かゆみを感じる神経を、ヒスタミンは刺激する作用があります。ですから赤みとともに、かゆみも感じることになります。アレルギー性蕁麻疹は、こうして辛い症状としてあらわれます。

子供の頃に経験をした人も多いのが、おたふく風邪でしょう。病気の発病でおたふくのお面みたいに、顔が腫れてしまいます。こうして病気のネーミングとしても、おたふく風邪と言われます。ですが正式名称があって、それは流行性耳下腺炎です。子供の頃にかかりやすい病気ですが、大人がかかることもあります。大人がかかると、症状は重くなり厄介ですので、子供の頃に済ませておきたい病気でもあります。

続きを読む